1歳の子を育児、そして現在妊娠しながら
2年後を目標に自宅教室&ギャラリーを開業するため
夢への一歩一歩をつむぐ日々
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

楽風さん
先日 久々に浦和にある「楽風」さんに行ってきました。
お茶屋さんを改築してつくられた店内は何度行っても
味があって落ち着く雰囲気。

子育て中 目を心を豊かにしたい!
美術やアートの情報がほしいなぁ・・・と思っても
都内に行かないとギャラリーや美術館が多くなく
子供をあづけて、支度して いざ!って感じではなく
もっと気軽に
地域に感度の良い 情報発信スペースがやっぱりほしい。
そんな中 楽風さんは
もうそのスペース自体が存在感があり
ギャラリーも併設されているカフェで
情報発信としても素敵な空間です。
お茶と和菓子をいただき
心の充電満タンです。

 
昭和な香り 福田屋

ここに本文を記入してください。
ひさびさ」に地元に帰ってまいりました。

住宅と工場が同じ町にありえないほど隣接
このごちゃごちゃ感・・・

若いころはなんとも思わなかったけど
いざ外の町に住んでみると
下町の雰囲気はやっぱりいいねぇ!
谷根千が好きなのは
やっぱり生まれ育った雰囲気と似てるからだなぁ・・・と最近実感します。

そんな中 昭和の香りがいまだに続いている店
『福田屋』を今回ご紹介します。
地元に愛されているこのお店。
ほんっとにローカルなので
地元の人しか知られていません。

でも!

見てください!
昭和漂う店構えは本当に大事にしたい貴重な町並みです。

店内・・・・
私が小さいころもう三十年前でしょうか・・・
そのときからまったく変わっていません。
自分は変わってしまったのに
福田屋は変わらない!


しかも・・・
この記帳をして注文するスタイル・・・・。
一番高い商品で250円。
お店がこの値段でやっていけるのか!?をお客が心配してしまうほど
リーズナブル。500円でお腹いっぱいになれます。

きらびやかで
ツルツルな美しいお店が増える今
本当になくしちゃいけないお店だと思いました。

心もお腹もいっぱいになって家路につきました。





syuroさんへ行ってきました
 モノがたりのある
モノづくりをされている
syuroさんに行ってきました。
http://www.syuro.info/

駅から迷いながらもなんとか到着。

一つ一つ丁寧にモノ作りされているsyuroさん。

この日はすご〜く寒くて 
「お茶をどうぞ」とお茶をいれてくださったお茶がとてもあたたかく
来てくれたお客様一人一人にお茶を出されていて
お客様を大事にされている姿勢が伝わり
とてもあたたかい気持ちになりました。
作品もモチロンすてきですが
この心遣いがリピーターにつながるのでは・・・と思いました。

古い家を改築した外装と店内。
センスの良さがはじけてました!う〜んすてきすぎる・・・。